So-net無料ブログ作成
検索選択

学校あるあるその2 [学校あるある]





今日も学校あるあるを3つお伝えしたいと思います^^

問題集は答えを見ながらやるが数問間違えておく

全問自分で解く?冗談じゃない。問題は答えを見ながらやるのが普通!ということで、必死になって皆答えを

写します。けれど、全問正解では先生から疑られるのでは、という心理が働くんですね。そこで、少なくとも一

二問、必ず間違えておく。そして、あたかも自然に間違えたかのように、偽るんですね~ww。その偽り方は、

徐々にレベルアップしてゆきますww。いいのか、悪いのか…。

②消しゴムは使い切る前にどこかへ行く

消しゴムって、必ずどこかへ消えてなくなりますよね~。あれ、どうしてでしょうかね?w消しゴムを最後なくな

るまで、使ったことってありますか?

また、最初は鉛筆やシャーペンの頭についている消しゴムを使わず、固形の消しゴムを使う。しかし、その固

形消しゴムはいつの間にか消えています。その結果、結果、シャーペンや鉛筆の頭についている消しゴムを

使うはめに…なんて思い出のある方もいるはずw。まぁ、この場合、消しゴムはなくなりませんが。

③問題解いてるときに先生から覗きこまれると不快

あれ、なんで平然と覗き込んでくるんでしょうね?生徒の側からすると、かなり嫌ですよね。特に自分が苦手

な問題を解いているときに、先生から覗き込まれた時の苦痛ったら…ww先生の側からすると、悪気はない

のでしょう。しかし、自分の恥部をのぞかれたような気が気がしてたまりません。それで、「こいつわかってな

いな…」的な顔をされたときの不快さって、すごいですよねwwまぁ、それも、卒業したらいい思い出になるの

ですが…。



明日も、学校あるある、続きます^^



【学校あるあるのおすすめ記事】

小学校時代によくあった、3つのあるある

http://bit.ly/1auDkwV

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。