So-net無料ブログ作成
検索選択

小学校時代のあるある





いろんな学校時代のあるあるがありますよね。そこで本日は、その中から小学校時代の3つのあるあるを紹

介してきたいと思います^^

①自由帳に迷路を書きがち。

なぜか小学校低学年で迷路がはやりますよね。そして、それを書くのが自由帳。自由帳にみんなで迷路を書

きあって、お互い説いてゆく。鉛筆でぐちゃぐちゃなぞって説いてゆくわけです。たまにすごいぐちゃぐちゃす

ぎの迷路があります。大概迷路を書いて、空いたスペースにはガンダムとかのキャラクターが書き込まれて

ゆきます。

こうして、低学年時間は自由帳と迷路が必須アイテムとなります。

②安っぽいのに給食のデザートが異常な人気

毎日の給食の時間は楽しみですが、よりテンションが上がるのは、デザートが出たとき。アイスクリームやゼ

リー、フルーツが出たときの興奮度は、すごいものがあります。決して高級なデザートではないんです。にも

かかわらずとてもおいしかった記憶がありますよね。余りがでたとき、必ず奪い合いになりませんでしたか?

あと、必ず家に持ち帰るやつがいませんでしたか?

③鉛筆やシャーペンの頭についている消しゴムがもったいなくて使えない。

これは、二手に分かれるのではないでしょうか?上記の通り、もったいなくて消しゴムを使えない人。一方、そ

んなことお構いなしに、どんどん使う人。

もったいなくて使えない人にとっては、固形消しゴムは必須アイテム。でも、たまに手元に固形消しゴムがなく

て、それでも消しゴムが必要って時があります。そんなときは一瞬地獄のような思いをしませんでしたか?

まだまだたくさんある、学校あるある次回も紹介してゆきたいと思います。^^



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。